Archive for 2010

パワー全開

diary

2010.12.27




年の瀬を迎え大掃除中ですが
これがなかなか進まない

パワー全開といきたいところ

>to HEAD

up stairs, down stairs

photo

2010.12.15

 

>to HEAD

BeoSound 8 vol.2

BANG&OLUFSEN . design

2010.12.11

BANG & OLUFSEN  BeoSound 8 ベオサウンド 8 image

先週になりますが、Bang & Olufsen(バング& オルフセン)のニューモデル、BeioSound 8(ベオサウンド 8)を試聴してきました。見た感じの第一印象としては、想像していたよりも大きくて(W 66.1 x H 23.9 x D 16.4 cm)、質感もいいということ。チープな感じはなく、なかなか立派です。カラーは背面のアルミとスピーカーカバーがブラックとホワイトの2色で、カバーの色は他にラベンダーブルー、パープル、グリーン、イエローを別途選ぶことも可能。


操作は、付属する円形の専用のリモコンで on / off(真ん中のボタン)、選曲、ボリューム調整。iPodに慣れているからなのかドーナツ部分を撫でてしまいましたが、クリックホイールタイプではありません。またボタンをクリックすると、本体側中央の操作部分が緑色に点灯します。勿論、Beo4やBeo5でも操作は可能。ただしプレイリストやアルバムの変更は、直接iPhoneやiPad、iPodをさわらないとできないようです。
リリースはまだのようですが、アプリをインストールすることでインターネットラジオが聴けるようになるらしいです。詳しことは店頭でお聞きになってください。

音に関しては好みもありますしリスニングスタイルもまちまちですので、気になる方は実際に試聴されたらと思います。

プライスは¥10,5000。

BeoSound 8 ドッキング部分

Downloaded image: Bang & Olufsen H.P.

iPhone4と3GSでの試聴でしたが、それぞれ厚みが違うためホルダー部分のブッシュ?リングを指で回してやることで調整できます。よほど厚いものでなければケースやカバーをつけたままでも大丈夫だと思います。

BANG & OLUFSEN  BeoSound 8 ベオサウンド 8 image

BeoSound 8 – Bang & Olufsen
BANG & OLUFSEN NAGOYA NEXT

>to HEAD

Exciting

exciting .

2010.11.29


>to HEAD

flowers

photo

2010.11.24

flowers

photo : R-D1 ELMARIT M21mm

>to HEAD

BeoSound 8

BANG&OLUFSEN . design

2010.11.23

BANG & OLUFSEN  BeoSound 8 image

バング&オルフセンから新製品ベオサウンド 8の発売がありました。 iPadやiPhone、 iPodとドッキングさせて使用するタイプのポータブルスピーカで、併せて専用のアプリもダウンロード可能なようです。

Read the rest of this entry »

>to HEAD

Aesopからの嬉しい知らせ

life

2010.11.15


Aesopの9月のニュースレターの嬉しい知らせから2ヶ月あまり
日本初の路面直営店Aesop Aoyama イソップ青山店 が12月上旬 12月8日〝11月22日追記〝にオープンするようです。

詳しくはホームページで。


Aesopはオーストラリア生まれのボタニカルスキンケアブランド。
スキンケアに対する理念・哲学はもとより、食や音楽、芸術への関心や文化面での取り組み、店舗デザインやパッケージ、リーフレットなどのデザイン、それらを大切にする企業姿勢にとても好感を抱くブランドです。

Aesop : http://www.aesop.net.au/
Aesop Japan : http://aesop-japan.com/

>to HEAD

Blue Sky

diary . photo

2010.11.09

photo : R-D1 ELMARIT M21mm

>to HEAD

Ducati Diavel

car&bike

2010.11.05

ducati-diavel

カレンダーはもう11月。さむ〜い冬がもうそこまでせまってきてます。
先月末久しぶりにDucatiのサイトを覗いてみました。バイクは随分とご無沙汰してて、ラインナップをみるやそりゃもう浦島状態。見慣れない顔つきのモデルがほとんど。なかにはなにやら個性的なモデルも。Diavel ディアベル ”ボローニャ訛りのイタリア語である「悪魔」という言葉から引用” Ducati Japanより という11月お披露目のニューモデルらしいです。ネーミングもすごい。

縦に配置したLEDのブレーキランプが特徴的。

リアビューはなかなか量塊感は強烈。

なにやら遊び心いっぱいのDucatiでした。

Ducati Diavel

>to HEAD

Chair_One

design . furniture

2010.11.03

Photo1:Chair_One designed by Konstantin Grcic

チェア ワンという名の椅子。
デザイナーはコンスタンテイン・グルチッチ。
見事なまでの構造美。

Photo2:Chair_One designed by Konstantin Grcic


Photo3:Chair_One designed by Konstantin Grcic

見た目のインパクトだけじゃなく、座り心地もすばらしい。

designer : Konstantin Grcic Industrial Design
manufacturer : Magis
store : Chair_One(チェアワン):hhstyle.com

>to HEAD

7 Days in Yamagata 2010

photo . travel

2010.10.30

» more photo

>to HEAD

ふたり

photo

2010.08.09

琵琶湖にて photo : R-D1 ELMARIT M21mm

>to HEAD

夕凪

photo

2010.07.24

photo : R-D1 ELMARIT M21mm

>to HEAD

stelton EM cutlery / Erik Magnussen in 1995

design

2010.07.20

Image "Stelton EM Cutlery"

ステルトン EMカトラリー 1995 / エリック・マグヌッセン デザイン

カトラリーのデザインでいちばんのお気に入り、ステルトンのEMカトラリーです。デザイナーは同社のジャグでおなじみのエリック・マグヌッセン。ナイフ・フォークともにとても美しく、特にスプーンのフォルムはこれ以上のものはないと思えるほど。現在は生産終了ということで探してはいたのですが、先日偶然にも琵琶湖の湖畔のとあるところで発見。

Stelton http://www.stelton.com/
Erik Magnussen Design http://www.magnussen-design.com/

>to HEAD

Rainbow

diary

2010.07.19

梅雨最後の日。雨上がりにかかった虹の橋。

そういえば、iidaのニューモデル発表されましたね。

Read the rest of this entry »

>to HEAD

でもやっぱり気になります。

diary

2010.07.12

キャプチャ : iida ホームページより

明日13日、iidaの新製品とコンセプトモデル?のお披露目がおこなわれるようです。

Read the rest of this entry »

>to HEAD

Under Construction

diary

2010.07.08

お向かいの解体工事。毎日が・・・。

>to HEAD

bicycle shooting shot #1

photo

2010.06.25

bike : SINTESI Python

bike : AMP RESEARCH B4

>to HEAD

OMEGA flightmaster c.911

design . life

2010.06.11

オメガサービスセンターへオーバーホールにだしていたフライトマスター。4ヶ月寂しい思いでしたが、先日スイスからベストコンディションになって手元に戻ってきました。O.H.に伴い、針、リューズ、プッシュボタン、風防、裏蓋は新品に交換。またケースの磨きが当時のオリジナルではないとのことでケースの研磨もお願いしました。おかげでインデックス以外、外観はピカピカです。製造から40年近く経たち、リペアパーツがすでに入手困難な状態にあるということを聞いていたので、本国にリペアパーツが残っていたことはとても幸運なことでした。
勿論動作も完璧で、ゼンマイの巻き具合も以前よりもかっちりとした手応え、そしてケースに耳をあてればチッ、チッ、チッ、チッとこれまで以上に澄んだ音を響かせます。ぼてっとした厚みのある外観もそうですが、手巻きのこのキャリパーの音もフライトマスターが好きな要素のひとつです。

Read the rest of this entry »

>to HEAD

Tokyo 0509

exhibition . travel

2010.05.16

新国立美術館で開催されているルーシー・リー展を口実に、先週末東京へ。200点を超える彼女の作品は見応えがあり、なによりも作品集ではなく実物を間近で見れたことは貴重な体験に。

あとは、非日常的空間のなかでゆっくりと。

>to HEAD