Archive for 2006

伝えたいことはあるけれど

diary

2006.12.30

うまく言葉にできない僕。
そういう思いがキーを打つ指をカチコチにかたまらせてしまいます。
続けることが大事なんだけど…

ここ数日ブログを更新できない理由です。

だから今日も一枚の写真を送ります。
大好きな写真を。

en061229a.jpg

>to HEAD

年老いたストーブ

design . life

2006.12.06

ee061206c.jpg

20年前のアラジン石油ストーブ。
このアラジンに火をいれるのが、寒い冬の季節の楽しみのひとつは。

芯に火をつけオレンジの炎がブルーに変わるまでのすこしの間、
年老いたストーブと向き合う。

ゆらゆらと燃えるブルーの炎は、
ひんやりとした部屋をゆっくりと暖め
生活にやすらぎを与えてくれる。

>to HEAD

22gの甘さ

cafe . diary . music

2006.12.01

061130a.jpg

061130b.jpg

一段と冷え込みがきびしい今日このごろ。
そんな寒い夜には一杯の暖かい緑茶と甘いおまんじゅう、
そして心地よいサウンドをセレクトしてみては。


オンリーワン ー一品にかける情熱ー

私ども山田屋は、百三十有余年にわたって「山田屋まんじゅう」というただひとつの商品を守り受け継いできました。昔も今も、この一品をつくるためだけに、山田屋はすべての力と資源を注いでいます。

終わりなき22gへの挑戦

山田屋のただひとつの商品「山田屋まんじゅう」は、小さな小さなひとロサイズ、わずか22g。入手しうる最良の小豆と砂糖を選び、秘伝の製法と一品に打ち込む情熱が結ぶ小さな結晶は、私たちの大きな誇りなのです。ただ一品とはいえ、その美味追求の道には「これでいい」という到達点はありません。

……

上品な甘さが魅力の山田屋まんじゅうと
シュタルケルによるバッハの無伴奏チェロ組曲でお送りしました。

山田屋まんじゅう

>to HEAD

旅-土佐を行く- vol.01

travel

2006.11.26

tosa011.jpg

tosa012.jpg

tosa014.jpg

杖をつきながらも足取りは軽やかな笑顔が素敵なお年寄り。
真っすぐに架けられた橋の上を集落のある対岸へと
歩く二人の姿が徐々に小さくなってゆく。

沈下橋

きりたつ山々の間を悠々と流れる清流、四万十。
そこには自然と対峙するかのように、
まっさらな橋が架けられている。
増水時には沈んでしまうという橋、沈下橋。

何もないのがいい。

土佐で一番好きなところ四万十。

>to HEAD

MOTORAZR

design

2006.11.24

motorazr02.jpg

motorazr01.jpg

欲しくなるかも
カラーは、マットならブラック。
か、パッションなピンクもいいね。

先行予約&キャンペーンだそうです。
でも、発売日は未定のよう。


MOTORAZR日本上陸を記念して、「I want MOTORAZR !! キャンペーン」への参加登録を行い、MOTORAZR FOMA M702iS(12月発売予定)をご購入された方を対象に、サプライズな賞品をご用意しました。

詳しくはMOTORAZRのサイトでど〜ぞ

Motorola – MOTORAZR – M702is

>to HEAD

Monophonicより皆様ヘ

diary

2006.11.22

en061122a.jpg

en061122b.jpg

ここ数日データベース復旧によるブログの再構築のため
クローズしておりました。

なんとかもとに戻り、ホッとしています。

御迷惑オカケシマシタ。

>to HEAD

色づく山々に

diary . photo

2006.11.19

ee061118b.jpg

ee061118d.jpg

ee061118a.jpg

ee061118e.jpg

紅葉狩りへ
木々はアカやキイロ、色とりどりに
鮮やかに燃えあがっていました。

>to HEAD

イコン

photo

2006.11.16

r06111601.jpg

r06111602.jpg

額縁に収まった一枚の絵のように
窓に映る景色は僕の心のイコン

>to HEAD

モノフォニックならぬ

photo

2006.11.14

r06111401.jpg

r06111402.jpg

r06111403.jpg

モノクロームを今夜はお届けします。
最後の一枚はモノクロじゃぁないけど。

>to HEAD

Monophonic Take Off

diary

2006.11.11

061111.jpg

ブログを模様替え。
まもなく飛び立ちま〜す。

06111100.jpg

旧ブログ : Life with DESIGN

>to HEAD

New FORIS.TV by EIZO

design

2006.11.10

newforis01.jpg

newforis02.jpg

newforis03.jpg

FORIS.TVのニューモデルがリリースされましたね。


プレミアム液晶テレビ[フォリス]
FORIS.TV
こだわりから生まれたテレビ。
高画質・高音質・多機能、そして、独創的なデザイン。
いままでのテレビを超える性能が、
あなたのこだわりを満たします。

細部のつくり込みが気になるなぁ。
11月15日発売だそうです。

>to HEAD

ミルフィーユ

cafe

2006.11.10

rokocya1.jpg

rokocya2.jpg

優しい色のマスターが一杯、一杯丁寧に
コーヒーをいれてくれるお店。


路考茶 rokocha
名古屋市緑区万場山2-101

路考茶色の空気が漂ってます。
タイトルと写真は関係ないですよ。

>to HEAD

Perriand Chair : Charlotte Perriand

design . furniture

2006.11.08



シャルロット・ペリアンの代表作、ペリアンチェア。
厚さ17mmの一枚の成形合板に切り込みを入れ、折り曲げられてできる小椅子。
シンプルな発想ですが遊び心にみちあふれています。
カワイラシイ格好をしていますが、曲げの美しさには驚かされます。
とくに背の部分にかけてのねじれの曲線は素晴らしい。
惚れ惚れしてしまう曲線美。
技術の結晶といえるこの美しいラインをもつペリアンチェアですが、残念なことに製造元の天童木工では去年の5月で生産が終了しており現在では入手不可能になっています。

>to HEAD

Elephant Stool : Sori Yanagi by Vitra

design . furniture

2006.11.08


デザイン誕生50周年を記念して、ヴィトラデザインミュージアムより再々復刻された柳宗里デザインエレファントスツール。その名の通り像の脚をモチーフとした、かわいらしい三本脚のスツールです。1956年発売当初の素材はFRPでしたが、現在はポリプロピレンへと変更されています。FRPの光沢感とポリプロピレンのマット感という素材の差異はありますが、オリジナルにこだわらなければ、そんなことはたいした問題ではないように思います。個人的には、冷たさや堅さが感じられないポリプロピレンのもののほうが、しっとりとして優しい表情をもっていて好きです。


置いとくだけでオブジェにもなりうるエレファントスツールですが、スツールとしての使い心地や座り心地もとても満足のいくものです。
バランスのとれた構造体である三本脚のおかげでしっかりとしており、座面も大きく申し分ないものです。お手頃な価格や、ブラック、グレー、レッド、ホワイトの4色の豊富なカラーも魅力なところ。

気になる方や、気になっている方にはオススメ。

—-< 2010.2.追記 >—-
グレーのお色はメーカー廃番になったようです。



Elephant Stool(エレファントスツール):hhstyle.com

>to HEAD

Standard Chair : Jean Prouve by Vitra

design . furniture

2006.11.08

image Standard Chair : Jean Prouve by Vitra

ジャン・プルーヴェのスタンダードチェア。
スチールのフレームに合板の座面といういわゆるスチールチェアですが、驚くことにとても頑丈なつくりになっています。
スチールパイプの細い前脚とは対象に、三角のフォルムをもつ太い後脚。
荷重をしっかりと支える役割を果たします。
スチール特有の”しなり”とは無縁ですが、適度な堅さをもつその座り心地は素晴らしいの一言。
椅子としての機能をいかんなく発揮する、世界のスタンダードチェア。



Standard Chair(スタンダードチェア):hhstyle.com

>to HEAD

バタフライスツール : 柳宗里 by 天童木工

design . furniture

2006.11.08

image butterfly-stool

蝶が羽を広げた姿に似ていることから名付けられたバタフライスツール。2枚の成形合板とたった1本のアームによって構成され、マイナスドライバーさえあれば分解も用意で、その構造はいたってシンプル。左右対称の合板を、ひとつは板同士、もうひとつは1本のアームの2点で支え合うというこの発想は、図面上だけでデザインを考えない柳であったからこそ生まれたといっても過言ではない。1954年に試作され現在も生産が続けられている美しいバタフライスツールには、ロングスパンでライフスタイルを見据える柳宗里のモノ作りの姿勢が裏付けされている。

image butterfly-stool




柳 宗理 バタフライスツール メープル | MoMAstore
天童木工 : http://www.tendo-mokko.co.jp/

>to HEAD

Maui-Chair : Vico Magistretti by Kartell

design . furniture

2006.11.08


完璧なまでに美しいボディライン。
厚さ1cmに満たないポリプロピレンの面は、
優美な曲線とふくよかなボリュームを与えられています。
それはまるで中世の絵画上の女性美を感じさせる、
ヴィコ・マジストレッティデザインのマウイチェア。

yamagiwa online store


カルテル「Maui(マウイ)」
昇降ポンプ付キャスターアームチェア/ブラック(996MAUI28791M)

>to HEAD

PK22 by Poul KJAERHOLM

design . furniture

2006.11.08

PK22 / ポールケアホルム

ケアホルムによるPK22。
PK22には、バルセロナチェアにないフェミニンな香り。
まるで宙に浮いたかのような軽やかな身のこなし。
フレームは適度にしなり、しっとりと体を落ちつかせてくれます。
スタイルもふるまいもエレガント。

yamagiwa online store
Fritz Hansen(フリッツハンセン)「PK22」革【取寄せ品】(797PK22LB)

>to HEAD

花入

design . photo

2006.06.19

photo : 花入 1


photo : 花入 2

Ronan & Erwan Bouroullec ロナン&エルワン・ブルレックのモジュールオブジェ
Algue アルギュを花にみたてて。
ちなみにアルギュとは海藻の意味だそうです。

Ronan & Erwan Bouroullec Design : http://www.bouroullec.com/

>to HEAD